おすすめ!【シンプル瞑想】で気軽に瞑想状態へ

 

「瞑想」の方法は様々。

 

わざわざ高原や砂浜に行き、あぐらをかいて目を閉じなくても構いません。
自宅のベッドの上や、会社の会議室や屋上で休憩時間に実践する人もいます。

 

 

「瞑想」で得られる効果は、

 

・不安や怒りの感情を落ち着かせる
・ストレスホルモンを減少させる
・注意力の改善
・脳の活性化
・創造性がアップする
・記憶力がアップする
・思いやりの気持ちが生まれる

 

などがあり、心のコリをほぐして集中力を高める方法として、アップル創業者故スティーブ・ジョブズが実践していたのが有名です。

 

 

 

故スティーブ・ジョブズは、いつも黒のタートルネックにデニムを着ていました。
「大事な選択に力を注ぐために余計な選択を省く」という彼の哲学です。

 

「座り込んで瞑想するヒマがあるなら、仕事しろ!」

 

なんて言われそうですが、服を選ぶ時間と能力を省くほどのスティーブ・ジョブズが実践していたのが瞑想なのです。

 

大事な選択の連続の結果、アップルは大成功しました。

 

 

>>【シンプル瞑想】公式サイト
\10分聞くだけで瞑想状態へ!/

 

 

 

「瞑想」は治療にも取り入れられている

 

アメリカでは、うつ病の患者に「瞑想」を導入しています。

 

治療のひとつに、電流や磁気による脳へ刺激を与えて変化させる方法がありますが、「瞑想」は自分の力で脳をゆっくり変化させていきます。

 

投薬や刺激療法ではなく、「瞑想」なら無理がありません。

 

また、刑務所や少年院でも懲罰の代わりに取り入れられ、怒りの感情を抑えたり、他人を思いやる心を育んでいます。

 

 

 

 

「瞑想」は難しい?

 

5分でもいいので瞑想してみてください。
そのまま寝てしまっても構いません。

 

 

 

 

・・・どうでしょうか?

 

静かに目をつぶっているだけでも、頭にはいろいろなことが浮かんできます。

 

「何も考えない」ということはとっても難しいですよね。

 

何か考えが浮かんでも、「これは良し、これはダメ、こうしよう」といった判断や評価をしないこと。

 

もう一人の自分が「今、こんなことを思っていますね」と自分を観察している状態を作り出すのがポイントです。

 

なかなか難しい作業です。

 

 

 

 

【シンプル瞑想】がおすすめ!10分で瞑想状態へ

 

 

「瞑想」を週6日続けると、およそ8週間後には脳の構造が変化することを、ハーバード・メディカルスクールの研究チームが2011年に発表しています。

 

毎日の習慣化ができれば、ストレス軽減や集中力が上がるなどの効果が期待できます。

 

ただし、「毎日続けること」が難しい!

 

ダイエット、禁酒、ランニング、、、私たちは痛いほど何度も経験していますよね。

 

忙しい毎日の生活の中でゆったりとした時間が取れないなら、10分で1時間瞑想したときの状態をつくる【シンプル瞑想】がおすすめです。

 

左右の耳から異なる周波数の音を聞くことで右脳と左脳のバランスを整え、瞑想時の脳波に近づける健康機器です。

 

仕事や家事をしながらでも使えるので、わざわざ瞑想時間を作る必要がありません。

 

大人も子供もストレスを解消する場がなくなっている今だからこそ、心の健康を保つ方法として「瞑想」が役立つはずです。

 

ご家族みんなで瞑想してみてはいかがでしょうか。

 

 

\一般社団法人日本ホームヘルス機器協会「健康増進機器(認定番号0006)」認定取得済みです。/